寒い日が続きます

私寒いのが苦手なので、本当につらい季節です

さて、今回は「住宅ローン」について

私、この住宅ローンアドバイザーなる資格を持っていまして

ローンアドバイザー

ローンについてアドバイス出来るのですが、やはりこの世界は難しい

今も日々勉強しています

正直奥が深いです。

最近、教科書のように見ているのがコレです。

DSCF3404

非常に勉強になります。

さて、これらのローンを新築工事の打合せにどのように組み込むかと言うと・・・

実は最初の「どんな大きさの住宅空間をイメージしてますか?」の時に話をします

そこでキチンと話しておけばどのくらいの大きさの住宅空間を目指すのか、が大まかにわかります。

毎月の返済額とか金利の計算は住宅金融支援機構(
http://www.flat35.com/simulation/ )のローンシミュレーションに行くとわかりやすいです。

または、三菱東京UFJ銀行のこのページ(
http://www.bk.mufg.jp/kariru/jutaku/sim/sim.html )の新規借入シミュレーションも直感的にわかります。

ここで大体の返済イメージ、借入の金額からの建物規模をイメージするのです

しかし、うさぎとカメにもありますが、コレだけ大きなローンは是非慎重に行かなくては行けません

斉藤建設としましては、少しでも良い家を建てたいのですが、10年、20年後にメンテナンスが必要になった時

的確なメンテナンスが出来ないのでは家も長持ちしませんので。

1ヶ月に1万円くらい修繕費で用意したいものです。

1ヶ月に1万円では、ローン金利で考えると大きいです。

住宅ローンは奥が深すぎてここだけでは説明出来ません

でも、斉藤建設はローンの部分も蔑ろにはしないよう、日々勉強をしています

もし、年月が経ち、言っていることが変わらないように早くマスターしたいものです

次回は商工会の青年部の全国大会で和歌山に行って来ました。

その様子をリポートしてみます。和歌山城ですね

たまにはどうでしょう