この1月の19、20日と岩手県で高気密高断熱住宅を建てている住宅会社さんに勉強に行ってきました

まあ、とてつもなく寒かったです

「最近あったかいよ」と言われてましたが、寒いの苦手な齊藤はきつかった。

でも15件くらいのお宅にお邪魔させていただきまして、それぞれがとても暖かかったのでそれほど苦になりませんでした。

本当に勉強になった2日間でした。

齊藤建設の工法が間違いない事もわかったし、「なにより地場工務店とはなんぞや?」という問いに答えのでる工務店様でした。

これからさらに取り入れて行きたい情報もあり、さらに深みが増しそうです。

あまりにもハードなスケジュールだったので思い出はこんなものでした、

美味しかったですよ。しじみラーメン。

 

やはり住宅で大切なのは断熱性能、気密性能、そしてそれをどのようにして考えているか?と言う工務店の姿勢。

これが一番大切なのだと再確認しました。

UA値、C値、ηH、ηAC、耐震等級、そして透湿抵抗、熱伝導率、地場木材、肌触り、暖炉、素材、熱効率、協力業者、そして縁のあるお客様。

すべてがそれぞれ組み合って最高の家ができるわけです。

この感動をもっと広めなければいけません。

家づくりは最高の仕事です。

ぜひこの話を聞きに来てください

きれいになった事務所でお待ちしています。