✎床材加工✐

✎床材加工✐


フローリングの床材を市松模様にする為に、

長方形の板を正方形に加工している様子です。

長方形の板を半分にする。
すると正方形の板が完成…
しないんです.ᐟ.ᐟ

長方形の板を切ると、ノコギリ厚みの分誤差が出ます。
その誤差の分、もう一度削り直すとこのこと。

誤差ってどれくらい?と思って見てみたら、

何ミリ??と言うくらいとても僅かな幅。
下手に素人が削ろうとすると、

どんどん小さくなってしまいそうな幅でした!

大工のIさんは、加工用の器具を自作して、

なんて事ないような手捌きで誤差を修正していました。
まさに職人技です☆

その後、フローリングにする為に欠かせない嵌め込みの溝を作って、1枚が完成。

それを何十枚と作っていました。

完成したフローリングは、ピタッと音が聞こえそうな程に

美しく仕上がっていました⋆⸜ ⚘ ⸝⋆

全容は、また後日追記します✎*。

∞———————-∞

明治の創業当時からあり続ける齊藤建設の作業場。
現在絶賛大改装中です.ᐟ.ᐟ

お近くの方は、是非見学にお越しください♪
完成するまでの期間限定です!笑
∞———————-∞

縁ある皆さまの\くらしを豊かに/

埼玉県鶴ヶ島で135年続く企業⌂
新築・リフォーム共に
"暮らしを豊かに"をモットーに
冬暖かく夏涼しい
快適な家づくりを手掛けています。

MENU
ページトップへ戻る